対人関係でお悩みの方へ

対人関係でお悩みの方へ

自分主義と他人主義という言葉があります。

自分主義とは、自分を中心に物事を考える人。
他人主義とは、相手を中心に物事を考える人。

自分主義は一見、自己中心的なイメージですが、自分をしっかりと持っているので周りに流されません。

他人主義は一見、自分の意見を主張出来ず弱々しいイメージですが、相手の事を考えてあげられる優しい人です。

この自分主義と他人主義が入り混じって対人関係が成り立っています。
自分主義が悪いとか、他人主義が悪いとかではなく、「自分がどの位置でいたいか」という事です。

職場の対人関係で悩んでいたYさんは、好きな仕事なのに、それが原因で仕事を辞めるかどうか悩んでいました。
Yさんと上司の間では、この自分主義と他人主義の対立が生まれていたのです。

Yさんの立場で見てみると、上司に攻撃され、ひどく傷付き、
「なんであの人はわかってくれないんだろう…なんであんな言い方するんだろう」と泣く日々。

上司の立場で見てみると、「なんであの子はこんな事も出来ないんだろう。
もうちょっとしっかりしてほしいわ」と、不思議に思う日々。

お互いがお互いのマイナス面にしか意識がいっていません。
お互いの「これが普通」は皆違うのです。

そもそも「普通」というのはなんなのでしょう。
世間的に見て多数派が普通、少数派が特別とかおかしいなどと位置付けているのが一般的です。
本当にそれで良いのでしょうか。
少数派は普通ではないのでしょうか。
この「普通」という位置付けを、個々の「普通」として捉えた場合、皆が「普通」という事になります。
「私の普通はこうだから」と決めてみるとします。
しかし、皆が「あなたの普通はこうなのね」と理解してくれたら良いのですが、実際は難しいかも知れません。

Yさんは、結局仕事を辞める事にしました。
他人主義だけだったYさんは、仕事を辞める事に罪悪感があったのですが、
「辞める」という選択肢を選び、初めて自分主義を持ちました。
結果、自分で決めていいんだ!という事に気付いたと言います。
貫く事も大事な事ですが、「辞める」という事は、必ずしもダメだという事ではありません。
Yさんは今、大好きな雑貨屋さんでイキイキと仕事をしています。
貫く事も、辞める事も、あなたの「普通」が教えてくれるはずです。

お互いの「普通」を理解する事。
友人関係や家族間でも同じ事です。

あなたにとっての「普通」は、あなただけのものです。
あなただけの「普通」を探し、より良い未来を見つけるお手伝いをさせていただきます。

対人関係の悩みのカウンセリングの予約をする