パニック障害

パニック障害の原因

パニック障害とは、動悸、めまい、吐き気、フワフワした感覚、視野が狭まる、発狂したくなる、自分がどうにかなるのではないか、死ぬのではないかなどの不安感に襲われる病気です。
原因としては、性格要因・環境要因が大きく関係してきます。
育った環境、ストレス、麻薬などのいくつかの要因により、突然起こるのが多く見受けられます。
ストレスを受けやすく溜まりやすい・発散しにくい方、
家族や友人などの密接な関係性の中で起こる問題や社会への不信感、
大麻や覚醒剤などの麻薬の長期使用から脳へのダメージによる、感覚・知覚の過敏からもパニック障害になると言われています。
不安な状態の中で生活している、怒られる事の恐怖、周りに助けてくれる人がいない、優しい性格、我慢してしまう…
パニック障害の原因は様々です。

パニック発作症状

□このまま死んでしまうのではないかと感じる
□気が狂ってしまうのではないかと感じる
□心臓がバクバクと激しい動悸がする
□手足や全身に悪寒が走って震ええる
□胸が苦しく感じる
□呼吸が速くなる
□息が詰まる感じがして息が止まるのではないかと思う
□冷や汗が出る
□吐き気や嘔吐がある
□めまいがする
□口が渇く
□お腹に違和感がある
□手足がしびれた感じがする
□手足が冷える・手足に大量の汗をかく
□顔が火照る・熱っぽい

これらはあくまでも一部に過ぎません。
また、これらの症状は単独ではなく、複数が同時にあらわれるのが一般的です。
症状が強くあらわれるのは10分程度で、その後、1時間もすれば何事もなかったかのように治まってしまいます。
パニック障害では「予期不安」(また発作が起きるのではないか?起きたらどうしよう?)という不安が起こります。

予期不安の自己診断

□死んでしまうのではないか?
□気が狂ってしまうのではないか?
□周りの人に迷惑を掛けてしまうのではないか?
□倒れたときに誰も助けてくれなかったらどうしよう
□人前で失神・失禁して恥をかいたり怒られたりするのでは?
□事故を起こしてしまうのではないか?
□命に関わる怖い病気にかかっているのではないか?

以上がパニック障害の予期不安の主な症状ですが、人によって感じる頻度や程度には個人差があります。

パニック障害に対してのカウンセリングは、感覚の上書きが重要になってきます。
恐い感覚はマイナスの感覚です。
マイナスはマイナスを呼び込みますので、更に悪化します。
それをプラスの感覚にしていく事によって、安心感や幸福感が生まれてくるのです。

パニック障害からの脱出

人は、五感を脳に刻み込ませます。
視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚。
これら五感は、経験により様々な形で脳に記憶されます。
あなたの今の感覚は、過去の何かしらの経験により作り出されたものです。
その感覚は、あなたが一生懸命生きてきた証です。
本来、あなたが作りだしたものですから、あなたが好きなように自由に感覚を変えられるはずです。
value creation roomでは、その今の感覚を癒やし、新たな感覚を上書きします。
その方の本来持っている素晴らしい感覚よりも更にプラスの感覚を得られるよう、様々なワークを使いカウンセリングを行っております。
感覚を自由自在に扱う事が出来た時、なんとも言えない「解放感」が感じられ、全ての「開放感」へと繋がることと思います。
その感覚を、是非味わっていただきたいという一心で、カウンセリングを行ってまいります。

まずはご相談!

すべてはここからはじまります。

お問合せ・ご予約は

関連記事一覧